店長の部屋(釉薬)


鉛・カドミウム溶出試験(食品衛生法)の結果です。



@左:1号釉+#80(外割り10%) 
A右:マット釉+#80(外割り10%)

当店で販売している#80赤は、ジルコン系顔料で温度・雰囲気に対して非常に安定性を呈した絵具です。
下絵として使用するだけではなく、練込み顔料・色釉色素としても利用できます。

しかし、発色金属としてカドミウム・セレンを使用しているため、安全面を心配される声を多く聞きます。
そこで、1号釉・マット釉それぞれに外割り10%加えた色釉とし、1260度で焼成した飲食器を製作しました。
                              (酸化焼成。焼成時間12時間。120分保持)


本日、愛知県陶磁器工業協同組合に依頼した鉛・カドミウム溶出試験の結果がでましたので、
報告させていただきます。

@1号釉+#80赤(外割り10%)・・・・・・・Cd不検出
Aマット釉+#80赤(外割り10%)・・・ ・・Cd不検出


福島長石(天然・川俣)と合成灰のテストです。

川俣産出 福島長石を販売する事になり、合成灰との相性をテストしました。

SiO2 Al2O3 Fe2O3 CaO K2O Na2O P2O5 Igloss
福島長石(川俣) 62.65 18.94 0.05 0.13 15.67 2.43 0.02 0.11


1260℃ 酸化焼成

1300℃ 還元焼成
合成灰として、合成土灰・合成柞灰・合成栗皮灰・合成ワラ灰です。
割合は9:1 ・ 8:2 ・ 7:3 ・ 6:4 ・ 5:5 ・ 6:4 ・ 7:3 ・ 8:2 ・ 9:1 ・ 0:10 です。
単純に合成灰を混ぜただけですが、長石の性質によりかなり変わります。
酸化焼成。 焼成温度1260度。(焼成時間12時間。90分保持。自然冷却。)

還元焼成。 焼成温度1300度。(焼成時間20時間。120分保持。自然冷却。)

福島長石(天然・川俣)を用いた石灰釉・石灰マグネシウム釉における アルミナ・シリカの変化のテストです。


1260℃ 酸化焼成

1300℃ 還元焼成

1260℃ 酸化焼成

1300℃ 還元焼成

石灰釉における、アルミナ・シリカのテストです。
 0.25KNaO
        0.3〜0.9Al2O3  1〜9SiO2
 0.75CaO
          

使用原料は、福島長石(天然・川俣)
      鼠石灰
      韓国カオリン・福島珪石です。

焼成温度条件は、1260℃ 酸化焼成
        1300℃ 還元焼成 です。

石灰マグネシウム釉における、アルミナ・シリカの
                変化のテストです。
 0.25KNaO
 0.60CaO   0.3〜0.9Al2O3  1〜9SiO2
 0.15MgO                           
使用原料は、福島長石(天然・川俣)
      鼠石灰・マグネサイト
      韓国カオリン・福島珪石です。

焼成温度条件は、1260℃ 酸化焼成
        1300℃ 還元焼成 です。

福島長石(天然・川俣)を用いた石灰釉における アルカリ土類・アルミナ・シリカの変化のテストです。

石灰マグネシウム釉

1260℃ 酸化焼成
石灰マグネシウム釉

1300℃ 還元焼成
石灰亜鉛釉

1260℃ 酸化焼成
石灰亜鉛釉

1300℃ 還元焼成
石灰マグネシウム釉における、アルミナ・シリカの
                変化のテストです。
 0.25KNaO
 0.50CaO   yAl2O3  zSiO2
 0.25MgO                           
使用原料は、福島長石(天然・川俣)
      鼠石灰・マグネサイト
      韓国カオリン・福島珪石です。

焼成温度条件は、1260℃ 酸化焼成
        1300℃ 還元焼成 です。
石灰亜鉛釉における、アルミナ・シリカの
               変化のテストです。
 0.25KNaO
 0.50CaO   yAl2O3  zSiO2
 0.25ZnO                           
使用原料は、福島長石(天然・川俣)
      鼠石灰・亜鉛華
      韓国カオリン・福島珪石です。

焼成温度条件は、1260℃ 酸化焼成
        1300℃ 還元焼成 です。
石灰バリウム釉

1260℃ 酸化焼成
石灰バリウム釉

1300℃ 還元焼成
石灰リチウム釉

1260℃ 酸化焼成
石灰リチウム釉

1300℃ 還元焼成
石灰バリウム釉における、アルミナ・シリカの
                変化のテストです。
 0.25KNaO
 0.50CaO   yAl2O3  zSiO2
 0.25BaO                           
使用原料は、福島長石(天然・川俣)
      鼠石灰・炭酸バリウム
      韓国カオリン・福島珪石です。

焼成温度条件は、1260℃ 酸化焼成
        1300℃ 還元焼成 です
石灰リチウム釉における、アルミナ・シリカの
                変化のテストです。
 0.25KNaO
 0.50CaO   yAl2O3  zSiO2
 0.25LiO                           
使用原料は、福島長石(天然・川俣)
      鼠石灰・炭酸リチウム
      韓国カオリン・福島珪石です。

焼成温度条件は、1260℃ 酸化焼成
        1300℃ 還元焼成 です
石灰ストロンチウム釉

1260℃ 酸化焼成
石灰ストロンチウム釉

1300℃ 還元焼成
石灰ストロンチウム釉における、アルミナ・シリカの
                変化のテストです。
 0.25KNaO
 0.50CaO   yAl2O3  zSiO2
 0.25SrO                           
使用原料は、福島長石(天然・川俣)
      鼠石灰・炭酸ストロンチウム
      韓国カオリン・福島珪石です。

焼成温度条件は、1260℃ 酸化焼成
        1300℃ 還元焼成 です

1号釉と各種顔料、酸化金属の発色テストです。


+10%(酸化)

+5%(酸化)

+2.5%(酸化)

+10%(還元)

釉薬粉末1号釉に対して、各種顔料と酸化金属を
外割り、+10%・+5%・+2.5% 添加して、発色のテストをしました。
酸化焼成 は、電気窯を使用し、最高温度1280℃(12時間、2時間キープ)
還元焼成は、 ガス窯(3.5m)を使用し、最高温度1280℃(20時間、2時間キープ)

使用顔料、酸化金属
    1号釉 ・  ヒワ呉須 ・  グリン呉須 ・  濃 緑  ・ ピーコック
    濃 黒 ・  べんがら ・  黄べんがら ・  黒 浜  ・  珪酸鉄
   #1 赤 ・  紅 赤  ・  #3 赤  ・ #80 赤 ・ オレンジ  
    鬼 板 ・  中国黄土 ・  加茂川石粉 ・二酸化マンガン・ 炭酸マンガン
   桃色ピンク・  濃ピンク ・   赤 紫  ・  青 紫  ・  黄呉須  
   海碧呉須 ・ 濃ブリュー ・  焼貫呉須  ・ 酸化コバルト・ 酸化クロム
  青系グレー ・ 茶系グレー ・   バナ黄  ・  草 青  ・  トルコ青  
  珪酸ジルコン・  酸化錫  ・  酸化チタン ・  ルチル  ・ 酸化ニッケル
    赤 茶 ・  栗 茶  ・   黒 茶  ・  陶試紅  ・  ライラック  
    酸化銅 ・ 
酸化アンチモンバナジン酸アンモン五酸化バナジウム ・ イエロー


陶試紅・ライラックの発色のテストです。

釉薬粉末1号釉に、陶試紅とライラックを添加して、発色のテストをしました。
これは陶試工を製造していたメーカーが製造を止めたので、今後新しい絵具を販売するにあたり、
従来との違いを見る為です。
1号釉に対して外割り、+2.5%・+5%・+10%として添加しました。
同時に、練り込みのテストも外割り+10%としておこないました。
酸化焔焼成 は、電気窯を使用し、最高温度1280℃(12時間、30分キープ)
還元焔焼成 は、ガス窯(3.5m
)を使用し、最高温度1280℃(20時間、2時間キープ)

長石単味のテストです。

福島長石、釜戸長石、平津長石、平津長石(スタンプ)、大平長石、ネフェリン
これらの単味の溶け具合を見るためのテストを行いました。
電気窯を使用し、酸化焔焼成、最高温度1230℃・1280℃
(それぞれ12時間、30分キープ)
長石選択の一つの資料になればと思います。

長石単味のテストです。
(電気窯を使用し、酸化焔焼成、最高温度1250℃・(12時間、2時間キープ)

福島長石(ミル擂り) 釜戸長石(ミル擂り) 平津長石(ミル擂り) 大平長石#60
インド長石 ネフェリン 福島長石(スタンプ) 平津長石(スタンプ)

灰釉と各種顔料、酸化金属の発色のテストです。

福島長石、天然柞灰を使用し、福島長石:天然柞灰=7:3(重量比)に
外割で各種顔料、酸化金属を10%添加した場合の発色のテストです。
電気窯を使用し、酸化焔焼成、最高温度1230℃・1280℃
(それぞれ12時間、30分キープ)

使用顔料、酸化金属
  基礎釉 ・  ヒワ呉須 ・  グリン呉須 ・  濃 緑  ・ ピーコック
  濃 黒 ・  べんがら ・  黄べんがら ・  黒 浜  ・  珪酸鉄
 #1 赤 ・  紅 赤  ・  #3 赤  ・ #80 赤 ・ オレンジ  
  鬼 板 ・  中国黄土 ・  加茂川石粉 ・二酸化マンガン・ 炭酸マンガン
 桃色ピンク・  濃ピンク ・   赤 紫  ・  青 紫  ・  黄呉須  
 海碧呉須 ・ 濃ブリュー ・  焼貫呉須  ・ 酸化コバルト・ 酸化クロム
青系グレー ・ 茶系グレー ・   バナ黄  ・  草 青  ・  トルコ青  
珪酸ジルコン・  酸化錫  ・  酸化チタン ・  ルチル  ・ 酸化ニッケル
  赤 茶 ・  栗 茶  ・   黒 茶  ・  陶試紅  ・  ライラック  
  酸化銅 ・ 
酸化アンチモンバナジン酸アンモン五酸化バナジウム
上記の使用顔料、酸化金属を用い
1号釉に、外割(重量比)で10%添加した場合の発色のテストです。
ガス窯(3.5m
)を使用し、還元焔焼成、最高温度1280℃(20時間、2時間キープ)

焼成温度、雰囲気により発色の安定性に欠ける着色剤がはっきり分かります。

マット釉と各種顔料、酸化金属の発色のテストです。

上記の使用顔料、酸化金属を用い
マット釉に、外割(重量比)で10%添加した場合の発色のテストです。
電気窯
を使用し、酸化焔焼成、最高温度1280℃(12時間、60分キープ)
上記の使用顔料、酸化金属を用い
マット釉に、外割(重量比)で10%添加した場合の発色のテストです。
ガス窯(3.5m)を使用し、還元焔焼成、最高温度1280℃(20時間、2時間キープ)

福島長石・天然土灰・天然わら灰と、べんがらのテストです。

三角座標を利用して、福島長石、天然土灰、天然わら灰でテストピースを作成しました。
そして、画像の右側は21通りの調合に、べんがらをそれぞれ、+10%加えたものです。
基礎釉の違いにより、べんがらの発色の違いが良く分かります。
焼成は、電気窯を使用し、酸化焔焼成、最高温度1230℃(12時間、30分キープ)です。

銅の違いによる、発色のテストです。

銅(Cu)として 酸化第1銅 Cu2O(T)、 酸化第2銅 CuO(U)、
炭酸銅 CuCO3・Cu(OH)2  の違いが、
織部釉の発色にどんな影響を与えるのか。
添加量は、Cu としていずれも2%(外割)です。
電気窯を使用し、酸化焔焼成、最高温度1230℃・1280℃
(それぞれ12時間、30分キープ)でテストをしました。
上から
0.25KNaO
0.75CaO  0.6Al2O3 ・ 4.0SiO2   
使用原料:福島長石、鼠石灰、朝鮮カオリン、福島珪石

0.25KNaO
0.50CaO  0.6Al2O3 ・ 4.0SiO2   
0.25LiO
使用原料:福島長石、鼠石灰、炭酸リチウム、朝鮮カオリン、福島珪石

0.25KNaO
0.50CaO  0.7Al2O3 ・ 4.0SiO2   
0.25LiO
使用原料:福島長石、鼠石灰、炭酸リチウム、朝鮮カオリン、福島珪石

0.25KNaO
0.50CaO  0.5Al2O3 ・ 4.0SiO2   
0.25SrO
使用原料:福島長石、鼠石灰、炭酸ストロンチウム、朝鮮カオリン、福島珪石

0.25KNaO
0.50CaO  0.6Al2O3 ・ 4.0SiO2   
0.25SrO
使用原料:福島長石、鼠石灰、炭酸ストロンチウム、朝鮮カオリン、福島珪石

0.25KNaO
0.50CaO  0.5Al2O3 ・ 4.0SiO2   
0.25BaO
使用原料:福島長石、鼠石灰、炭酸バリウム、朝鮮カオリン、福島珪石

0.25KNaO
0.50CaO  0.6Al2O3 ・ 4.0SiO2   
0.25BaO
使用原料:福島長石、鼠石灰、炭酸バリウム、朝鮮カオリン、福島珪石

※店頭には現物が有ります。

アルカリ成分の違いによる、酸化第2銅の発色のテストです。

アルカリ成分であるCaO、MgO、LiO、SrO、BaO、ZnOと、Al2O3、SiO2 の変化が
酸化第2銅(外割+2%)の発色にどんな影響を与えるのか。
電気窯を使用し、酸化焔焼成、最高温度1230℃・1280℃
(それぞれ12時間、30分キープ)で、織部釉のテストをしました。

0.25KNaO
0.75CaO  0.5〜0.7Al2O3 ・ 4〜6SiO2   
使用原料:福島長石、鼠石灰、朝鮮カオリン、福島珪石
0.25KNaO
0.50CaO  0.5〜0.7Al2O3 ・ 4〜6SiO2   
0.25MgO
使用原料:福島長石、鼠石灰、マグネサイト、朝鮮カオリン、福島珪石
0.25KNaO
0.50CaO  0.5〜0.7Al2O3 ・ 4〜6SiO2   
0.25LiO
使用原料:福島長石、鼠石灰、炭酸リチウム、朝鮮カオリン、福島珪石
0.25KNaO
0.50CaO  0.5〜0.7Al2O3 ・ 4〜6SiO2   
0.25SrO
使用原料:福島長石、鼠石灰、炭酸ストロンチウム、朝鮮カオリン、福島珪石
0.25KNaO
0.50CaO  0.5〜0.7Al2O3 ・ 4〜6SiO2   
0.25BaO
使用原料:福島長石、鼠石灰、炭酸バリウム、朝鮮カオリン、福島珪石
0.25KNaO
0.50CaO  0.5〜0.7Al2O3 ・ 4〜6SiO2   
0.25ZnO
使用原料:福島長石、鼠石灰、亜鉛華、朝鮮カオリン、福島珪石
酸化第2銅(外割+2%)の発色が、アルカリ成分の違いにより、
大きく変化する事が良く分かります。

福島長石:天然柞灰:福島珪石を使用した織部釉のテストです。

福島長石、天然柞灰、福島珪石を使用し、
酸化第2銅を着色金属とした織部釉のテストです。
調合割合は、三角座標を用い、焼成条件は、電気炉にて、1230℃、酸化焔です。
          90:10
       80:20  80:10:10    
    70:30  70:20:10  70:10:20 
60:40  60:30:10  60:20:20  60:10:30
   50:40:10  50:30:20  50:20:30
上記調合割合に、酸化第2銅 +2%、+4%



        60:40  60:35:5  60:30:10
    55:45  55:40:5  55:35:10  55:30:15
50:50  50:45:5  50:40:10  50:35:15  50:30:20
    45:50:5  45:45:10  45:40:15  45:35:20
上記調合割合に、酸化第2銅 +2%
 

福島長石と天然灰のテストです。

福島長石と天然灰でテストピースを作りました。1230℃ 酸化焼成です。
使用した天然灰は、天然土灰、天然柞灰、天然栗皮灰、天然松灰、天然ワラ灰です。
調合割合は、左から重量割合で、福島長石:天然灰を
9:1、8:2、7:3、6:4、5:5、4:6、3:7、2:8、1:9、0:10と、しました。
呉須の流れ具合を見ることで、灰の割合により、
釉粘度が大きく変わることが良く分かります。
8:2〜5:5位で色々応用が出来そうです。

福島長石:合成土灰:合成ワラ灰(60:20:20)に、Fe・Mn・Co添加のテストです。

福島長石:合成土灰:合成ワラ灰=60:20:20を基礎釉とし、
Fe(べんがら)、Mn(二酸化マンガン)、Co(酸化コバルト)
これらを添加した色調変化のテストです。
真上から時計回りに、 Fe(べんがら)
              Fe : Mn = 1 : 1
              Mn(二酸化マンガン)
              Fe : Mn = 1 : 1
              Co(酸化コバルト)
              Co : Fe = 1 : 1 
添加量は、中心から+2%、+4%、+6%、+8%、+10%です。
焼成条件は、1230℃、酸化焔です。

福島長石・合成土灰・合成わら灰と、べんがらのテストです。

三角座標を利用して、福島長石、合成土灰、合成わら灰でテストピースを作成しました。
そして、右写真は、21通りの調合に、べんがらをそれぞれ、+2%、+10%加えたものです。
基礎釉の違いにより、べんがらの発色の違いが良く分かります。
焼成は、電気窯を使用し、酸化焔焼成、最高温度1230℃(12時間、30分キープ)です。

福島長石と合成土灰と合成わら灰のテストです。

三角座標を利用して、福島長石、合成土灰、合成わら灰でテストピースを作成しました。
左から 1230℃ 酸化焼成、  1280℃ 酸化焼成   1300℃ 還元焼成  です。
温度、雰囲気により、溶け方に違いは有りますが、同じような傾向を見ることが出来ます。
利用しやすい乳濁釉を探しだすには、一つの資料になりそうです。

石灰釉における、アルミナ・シリカの変化のテストです。

石灰釉における、アルミナ・シリカの変化のテストです。
釉の表情を変える要因として、大きな影響があることが良く分かります。
  左は、1230℃ 酸化焼成です。
  右は、1280℃ 酸化焼成です。
溶けやすさ、溶けた釉の粘り、貫入の入りやすさ。
透明釉、乳濁釉、乳白釉、マット釉。それらの関係が良く分かります。
使用原料は、福島長石、鼠石灰、カオリン、福島珪石です。
 
上記と同様の調合で、1300℃ 還元焼成です。
これら、三点の温度、雰囲気の変化のテストで、
アルミナ・シリカの変化によって、
釉に与える影響に、一つの傾向が有る事が分かります。

石灰バリウム釉における、バリウム・アルミナ・シリカの変化のテストです。

石灰バリウム釉における、アルミナ・シリカの変化のテストです。
上は、0.25KNaO                         
   0.50CaO   0.3〜0.7Al2O3  3〜7SiO2        
   0.25BaO                           
下は、0.25KNaO  
   0.25CaO   0.3〜0.7Al2O3  3〜7SiO2
   0.50BaO  
使用原料は、福島長石、鼠石灰、炭酸バリウム、朝鮮カオリン、福島珪石です。
焼成温度条件は、左から1230℃ 酸化焔。 1280℃ 酸化焔。 1300℃ 還元焔。
溶けやすさ、溶けた釉の粘り、貫入の入りやすさ。
透明釉、乳濁釉、乳白釉、マット釉。それらの関係が良く分かります。

石灰ストロンチウム釉における、ストロンチウム・アルミナ・シリカの変化のテストです。

石灰ストロンチウム釉における、アルミナ・シリカの変化のテストです。
上は、0.25KNaO                         
   0.50CaO   0.3〜0.7Al2O3  3〜7SiO2          
   0.25SrO                           
下は、0.25KNaO  
   0.25CaO   0.3〜0.7Al2O3  3〜7SiO2
   0.50SrO  
使用原料は、福島長石、鼠石灰、炭酸ストロンチウム、朝鮮カオリン、福島珪石です。
焼成温度条件は、左から1230℃ 酸化焔。 1280℃ 酸化焔。 1300℃ 還元焔。
溶けやすさ、溶けた釉の粘り、貫入の入りやすさ。
透明釉、乳濁釉、乳白釉、マット釉。それらの関係が良く分かります。

石灰亜鉛釉における、亜鉛・アルミナ・シリカの変化のテストです。

石灰亜鉛釉における、アルミナ・シリカの変化のテストです。
上は、0.25KNaO                         
   0.50CaO   0.3〜0.7Al2O3  3〜7SiO2         
   0.25ZnO                            
下は、0.25KNaO  
   0.25CaO   0.3〜0.7Al2O3  3〜7SiO2
   0.50ZnO  
使用原料は、福島長石、鼠石灰、亜鉛華、朝鮮カオリン、福島珪石です。
焼成温度条件は、左から1230℃ 酸化焔。 1280℃ 酸化焔。 1300℃ 還元焔。
溶けやすさ、溶けた釉の粘り、貫入の入りやすさ。
透明釉、乳濁釉、乳白釉、マット釉。それらの関係が良く分かります。

石灰リチウム釉における、リチウム・アルミナ・シリカの変化のテストです。

石灰リチウム釉における、アルミナ・シリカの変化のテストです。
上は、0.25KNaO                         
   0.50CaO   0.3〜0.7Al2O3  3〜7SiO2          
   0.25LiO                             
下は、0.25KNaO  
   0.25CaO   0.3〜0.7Al2O3  3〜7SiO2
   0.50LiO  
使用原料は、福島長石、鼠石灰、炭酸リチウム、朝鮮カオリン、福島珪石です。
焼成温度条件は、左から1230℃ 酸化焔。 1280℃ 酸化焔。 1300℃ 還元焔。
溶けやすさ、溶けた釉の粘り、貫入の入りやすさ。
透明釉、乳濁釉、乳白釉、マット釉。それらの関係が良く分かります。

石灰マグネシウム釉における、マグネシウム・アルミナ・シリカの変化のテストです。

石灰マグネシウム釉における、アルミナ・シリカの変化のテストです。
上は、0.25KNaO                         
   0.50CaO   0.3〜0.7Al2O3  3〜7SiO2         
   0.25MgO                           
下は、0.25KNaO  
   0.25CaO   0.3〜0.7Al2O3  3〜7SiO2
   0.50MgO  
使用原料は、福島長石、鼠石灰、マグネサイト、朝鮮カオリン、福島珪石です。
焼成温度条件は、左から1230℃ 酸化焔。 1280℃ 酸化焔。 1300℃ 還元焔。
溶けやすさ、溶けた釉の粘り、貫入の入りやすさ。
透明釉、乳濁釉、乳白釉、マット釉。それらの関係が良く分かります。

アルカリ成分の違いと発色の変化のテストです。

アルカリ成分の違いと発色の変化のテストです。
左から、MgO ・ CaO ・ SrO ・ BaO ・ ZnO ・ LiO です。
添加剤として、酸化銅(+5%、 +10%)
       酸化銅:べんがら=4:1(+5%、 +10%)
添加量だけではなく、アルカリ成分との反応を関連させることにより、
釉薬の発色による表現の幅が広くなることが分かります。

アルカリ成分とアルミナ・シリカの変化のテストです。

0.25KNaO・0.50CaO・0.25 RO( R=Mg ・ Ca ・ Sr ・ Ba ・ Zn ・ Li )
              yAl2O3  ・  zSiO2  ( y = 0.5, 0.4, 0.3 ・ z = 3, 4, 5 )

このゼーゲル式から、福島長石・鼠石灰・マグネサイト・炭酸ストロンチウム・亜鉛華
炭酸バリウム・炭酸リチウム・朝鮮カオリン・福島珪石を原料として調合しました。
左上から、
Mg ・ Sr ・ Zn ・ 左下から、Ca ・ Ba ・ Li です。
アルカリ成分とアルミナ・シリカのモル数との関係が手にとるように分かります。
一つの釉の中で、シリカに対するアルミナの割合が溶け具合や焼締り具合を決定させ、
同様にアルカリ成分の割合もやはり釉の表情を決めます。
酸化焼成。焼成温度1230度。(焼成時間12時間。30分保持。自然冷却。)

釜戸長石・合成土灰(70:30)と、添加剤の調合割合の変化のテストです。

右側は釜戸長石・合成土灰(70:30)と、添加剤の調合割合の変化のテストです。
上から、
中国黄土(+2%、+5%) べんがら(+2%、+5%、+10%、+20%)
二酸化マンガン(+5%、+10%、+20%)
酸化クロム(+1%、+2%、+5%、+10%)
酸化ニッケル(+1%、+2%、+5%、+10%)
左上から、
珪酸ジルコン(+5%、+10%)
酸化錫(+5%、+10%)
酸化チタン(+5%、+10%)
ルチル粉末(+5%、+10%)
酸化コバルト(+5%、+10%)
酸化銅(+5%、+10%)
左下から、
濃黒(+10%、+20%)
#2紅赤(+5%、+10%)
#3赤(+5%、+10%)
陶試紅(+5%、+10%)
濃ピンク(+5%、+10%)
ヒワ呉須(+5%、+10%)
バナ黄(+5%、+10%)
トルコ青(+5%、+10%)
酸化焼成。焼成温度1230度。(焼成時間12時間。30分保持。自然冷却。)

釜戸長石と合成灰のテストです。

下から、合成土灰。合成栗皮灰。合成柞灰。合成ワラ灰です。
釜戸長石と灰を混ぜただけですが、その表情はとても興味深い
ものを見ることが出来ます。
釉薬が素地、呉須と反応して溶けていく事が良く分かります。
酸化焼成。焼成温度1230度。
(焼成時間12時間。30分保持。自然冷却。)

無鉛フリットの添加量のテストです。

当店で取り扱っている、無鉛フリットのテストです。
使用原料は、福島長石、無鉛フリット、朝鮮カオリンを使いました。
左から、    福島長石     100  80  60  40  20   0
        無鉛フリット    0   20  40  60  80  100(重量%)
上記調合に、朝鮮カオリンを添加しました。
         朝鮮カオリン   +0  +10  +20  +30%(重量外割)
これらを、電気窯を使用し、酸化焔焼成、12時間、30分キープ
最高温度を 左から 1000℃ ・ 1100℃ ・ 1200℃ と、しました。
それぞれの焼成温度におけるフリット添加量で、釉の表情が明確に変わる事が良くわかります。

ゼーゲル計算法

津坂先生の講義を思い出して、電卓を叩くのも面倒になってきましたので、
簡単なゼーゲル計算法をエクセルを利用して作りました。
その際、分析値が簡単に変更出来る事。
調合割合からゼーゲル式を求めた時に
「アルミナ」と「シリカ」の割合が座標上に表せ釉の表情が想像しやすい事。
そして、ゼーゲル式から調合割合が求めれる事を重点にしました。
よろしければ、「店長!」と、声を掛けてください。